TOP > 事業案内

地域のかかりつけ薬局をめざして

1.患者様の情報をもとに薬歴管理
 初回受付時に、薬剤などによるアレルギー、副作用歴、他科受診や併用薬・健康食品摂取の有無、自動車の運転や機械操作などの職業特性、生活時間の確認、服用可能な剤形の確認などを行うことにより、個々の患者様に合わせた服薬指導を行うことができます。
2.薬をきちんと服用していただくために― 患者様に合わせた調剤・服薬指導
 患者様が安心してきちんと服用してこそ、薬はその効果を発揮します。そのため錠剤の一包化や粉砕など、調剤でもさまざまな工夫を行っています。
 また、窓口でも一方的な説明に終わらず、対話を重視し、患者様の疑問や不安にも応えながら、必要な情報は主治医とも共有しながら納得のいく説明を心がけています。
3.在宅訪問服薬指導
 在宅で療養中の患者様のお宅を訪問し、薬剤の保管状況やOTCを含むほかの薬品との併用状況、服用開始後の体調変化、副作用の有無、などをチェックし、患者様の状況により一包化の実施や錠剤の粉砕化、他の剤形への変更を主治医に進言したり、お薬カレンダーを利用して飲み忘れの防止をすすめるなど、在宅患者さんの支援を行っています。他の医療スタッフとの合同カンファランスにも参加し、患者様の情報を共有します。
4.積極的に取り組む学習・研修
 薬局内での研修会、地域の薬剤師会の研修会のほか、各薬科大学主催の卒後研修、薬剤師会学術大会などに参加し、研修認定薬剤師の取得を支援します。
 薬学生実習を積極的に受け入れ、高校生一日薬剤師体験会を行っています。

ページトップへ